ダンスミュージックプロデューサーとして "Man With The Red Face" (Funkagenda共作) や "Alright" をはじめ、通算50作に及ぶトラックを発表し、近年ではUnderworldをフィーチャーした "Ten" (Sander van Doorn共作) がジャンルを横断するメガヒットを記録。2010年にはBlack Eyed Peasのアルバム "The E.N.D" における共作により、グラミー賞ノミネートも果たした。又、DJの実力も誰もが認めるところであり、Creamfields, Sensation, Dance Valley, Electric Daisy Carnival (EDC)等、大型フェスティバルの常連でもある。2014年のUMF JAPANに於いても名だたるスターを尻目に、ベストアクトの呼び声も高いプレイを披露したのは記憶に新しい。本年5月ゴールデンウィークにWOMBで開催された来日公演では、実に1200名を超える動員を記録しフロアを熱狂の渦に導いた。今回のWOMB公演では前回に引き続きRhythmholicよりEITA、さらに近年活躍の著しい“第二世代”SEKITOVAの出演も決定し、ますます目の離せない内容となっている。

iFLYERより枚数限定のお得なチケットを発売中!
TICKET MARK KNIGHT 前売り / ADV ¥3,000