フランス・パリ出身のDJ/プロデューサーTchami(チャミ)。3日間に渡って開催されるULTRA JAPAN 2017の中日である9月17日(日)のLIVE STAGEへの出演が決定している。


Tchamiのサウンドは、2014年にトレンドとなったElectro HouseとDeep Houseが融合した「Future House」。ドロップ部分の跳ねる様なシンセとドラム音が特徴で、EDMから派生したサブジャンルである。

TchamiがSoundcloud上にアップした自分の楽曲に"#Future House"とタグ付けしたことから、このジャンルが人々に認識され始めたことは有名なエピソード。「Future Houseと言えば?」との問いには、Oliver Heldens、Don Diabloと共に必ず彼の名前が挙げられる。

今回は予習も兼ねて、Tchamiが近年のステージでプレイした曲を中心に”マストで聴いておきたい楽曲”をピックアップ。

1. World To Me

まずはTchamiの最新作。アメリカのシンガーLuke Jamesをボーカルに迎えたこのトラックは、8月25日にリリースするNew EP『Revelations』に収録。サビ部分の”You mean the world to me=(あなたは世界で一番大切な人)”というリリックを皆で口ずさもう。
 

2. Adieu

こちらもEP『Revelations』から先行シングルとして2月にリリース。Adieu(アデュー)=「さようなら」という意味を持つこの楽曲は、セットリストを共有するサイト「1001Tracklists」が発表した”2017年上半期DJに最もサポートされた10曲”の1位に選ばれており、リスナーのみならずアーティスト側からの注目の高さも伺える。
 

3.Prophecy

Tchamiが主宰するレーベルConfessionに所属するフランス人覆面プロデューサーMalaaとのコラボトラック「Prophecy」は2016年9月にリリース。日頃から一緒に活動することの多い2人によるコラボは注目を集めた。


DJ SnakeとTchamiが交互にMalaaとして活動しているという噂もあるが、アイデンティティは未だ不明。
 

4.  Missing You

ニューヨーク・ブルックリン出身、ヘヴィーベースハウスキングことAC Slaterとのコラボ曲。2013年リリースの「Promesses」に続いてボーカルにはイギリスのシンガーKaleem Taylorをフィーチャーしている。
 
 

5. After Life

2015年リリースの5曲入りEP『After Life』のリードシングルで彼のアンセムとなっているStacy Bartheとのコラボ曲「After Life」は多くのアーティストが現場でプレイ。
 

今年から新設されたLIVE STAGEではどんなセットを披露してくれるのか。以上の5曲以外にも多くのリミックスをリリースしているのでぜひ予習してTchamiのステージに臨もう!!
 

ULTRA JAPAN 2017

●日程: 2017年9月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝)
●会場: TOKYO ODAIBA ULTRA PARK (お台場ULTRA JAPAN特設会場 / 江東区青海)
●時間: 開場 10:00 / 開演11:00 / 終演21:00 (予定)
●主催・企画・制作: ULTRA JAPAN 2017実行委員会

 iFLYERでは先行/アドバンスチケットを好評販売中!チケットの確保はお早めにどうぞ!

3日通し券
TICKET ULTRA JAPAN 2017 先行 / ADV (GA 3 DAY COMBO) ¥39,000
 
9/16 1日券(GA)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 先行 / GA (SAT 16TH) ¥13,000
 
9/16 1日券(VIP)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 先行 / VIP (SAT 16TH) ¥30,000
 
9/17 1日券(GA)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 DAY2 先行 / GA (SUN 17TH) ¥13,000
  
9/17 1日券(VIP)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 DAY2 先行 / VIP (SUN 17TH) ¥30,000
 
9/18 1日券(GA)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 DAY3 先行 / GA (MON 18TH) ¥13,000
  
9/18 1日券(VIP)
TICKET ULTRA JAPAN 2017 DAY3 先行 / VIP (MON 18TH) ¥30,000
  
※ULTRA JAPAN 2017 本公演は20歳未満の入場は出来ません。