• PICKUP

    117 Stars

    FRI, 03 Nov 2017

    MUTEK.JP 2017

    @ 日本科学未来館 / TOKYO, JAPAN

    Electronic
    Nosaj Thing
    /
    DAITO MANABE
    /
    Monolake
    /
    Nicolas Bernier
    /
    INTERCITY-EXPRESS
    /
    Akiko Kiyama
    /
    galcid
    /
    Woulg
    /
    NONOTAK
    /
    Push 1 Stop
    /
    Maotik
    /
    Synichi Yamamoto
    /
    Yoshinori Sunahara
    /
    Qosmo
    /
    Hatis Noit
    /
    Nobumichi Asai
    チケット購入
 
文化と芸術の祭典、MUTEK。世界各国で開催されている、この界最前線のデジタル・アートとエレクトロニック・ミュージックによる国際的なフェスティバルが、2016年度に引き続き、2017年の今年も日本で開催される。



中でも目玉となっているのが、Nosaj Thing & Daito Manabe(真鍋大度)。彼らの作り出すテクノロジカルでアーティスティックな独特のSF的世界観は、とにかく見る物を圧倒させる。音楽とシンクロした、どこまでが現実でどこまでが作り物なのかの判断がつきかねるようなカメラ越しのリアルタイム演出で、見る物を心地良く翻弄してくれる。



彼らの出会いは2012年。「Eclipse / Blue」の制作にあたり、Nosaj ThingはRhizomatiksのクリエイティブテクノロジストであるDaito Manabeを起用し、2Dプロジェクションマッピングを用いて世の話題をさらった。そして2015年にはダンシングドローンやモーションキャプチャを採用したミュージックビデオ「Cold Stares」を発表。同年後半には、彼らは初のライブコラボレーション「No Reality」のAVツアー、米国プレミアを行った。
日本では、2015年にTAICOCLUBにて二人のライブが披露され、こだまの森を異空間に引き込んだ。
 


Daito Manabeは、日本人に馴染みが深いところでは、テクノポップユニット・Perfumeのライブ演出なども手掛けており、SF感溢れる驚くような演出は、毎回老若男女をあっと言わせている。Perfumeの他にもBjörk、Squarepusher、坂本龍一ら様々な大物アーティストの作品に参加し、更に自身もDJとして活躍しており、彼の多才ぶりには目を見張るものがある。



そんなDaito Manabeが、ケンドリック・ラマーのプロデューサー、レディオヘッド、フライング・ロータス、ジ・エックス・エックスらのリミキサーとして楽曲を手掛け、今やLAビートシーンを超えてインディ・ロック層からも熱い支持を受けるNosaj Thingとタッグを組むのだから、素晴らしくないわけがない。


Nosaj ThingとDaito ManabeがCoachella Valley Music and Arts Festivalで行なったパフォーマンスには、Rhizomatiks ResearchのYuya Hanai, Satoshi Horiiも参加し、最先端のリアルタイムオーディオビジュアル表現を披露。音楽メディア「pitchfork」でも”ベスト・ビジュアル・プロダクション”と絶賛を浴びた。また、彼らは世界最大の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル2016」を含む彼のアメリカツアーでもコラボレーションし、更にアルス・エレクトロニカでAward of Distinction(優秀賞)を受賞したNosaj Thingのミュージックビデオ「Cold Stares ft. Chance The Rapper + The O’My’s」もDaito Manabeが手掛けている。
 

2017年、彼らは「No Reality」を進化させたライブをMUTEK.JP2017にて披露予定。二人の未来的なオーディオ・ヴィジュアル・セットは必見!
 

◤ Nosaj Thing & Daito Manabe (US+JP) ◢
EN follows JP
プロフィール ► アメリカのプロデューサーNosaj Thingとクリエイティブテクノロジスト 真鍋大度
スタイル ► "実世界と仮想現実の間を高速でシフトする"
パフォーマンス ► Live
日付 ► 11月3日
ヴェニュー ► 日本科学未来館
情報 ► https://mtk.im/jp-dai