今年1月から3か月連続で新曲をリリースし、6月に東京・大阪で初の大規模なヘッドライナー・ツアーを開催することが決定している The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)が、現時点での最新シングル「Everybody Hates Me」のミュージック・ビデオをフル公開した。


監督を務めたのは、これまでにジャスティン・ビーバーや Avicii(アヴィーチー)、The Chainsmokers では総再生数が25億回にもおよぶ「Closer ft. Halsey」や「Paris」のリリック・ビデオなどを手がけてきた盟友 Rory Kramer(ローリー・クレイマー)。昨年さらに世界的ブレイクを果たし、一気にトップ・アーティストへと駆け上がったことで得たもの、その成功だけではない批判、孤独、後悔、そしてその中でもがき戦い続ける2人。クライマックスに向け、ボーカリストとしても進化し続けるドリューを筆頭にバンド・セットでのパフォーマンスも激しさを増していき、そしてラスト・シーンで描かれる2人の行動は “「Closer 」の成功” による彼らの想いを象徴しているという。
 

The Chainsmokers の2017年と2018年はまったく違うものになっている。昨年リリースした初のフル・アルバム『Memories…Do Not Open』では、「Closer」「Don't Let Me Down ft. Daya」といった先に大ヒットしていたシングルを収録しない内容で成功を収めた彼らは、2018年に入り、1月に「Sick Boy」、2月に「You Owe Me」、3月に「Everybody Hates Me」と、これまでに3か月連続で新曲を発表。ストリーミング・サービスでは現時点で『Sick Boy...Everybody Hates Me』という3曲入りでまとめて聴くことができ、彼らは今後も連続リリースを重ねて新曲を出すごとに曲数を増やし、今年の後半にはそれらをすべて収録した12曲入りのアルバムを完成させる計画だ。

2016年から2017年にかけてリリースする曲が立て続けにヒットし、ここ2年間の全世界トータル楽曲再生数は100億、ビデオ再生数は60億、精力的に行ってきたツアーでのチケット売上枚数は200万枚を超える The Chainsmokers。現在 Apple Music 限定で、昨年行った大規模なワールド・アリーナツアーに密着したドキュメンタリー・シリーズの配信がスタートしている。現時点で公開されている6エピソードでは、ドリューとアレックス自らの独占告白、「Something Just Like This」で共演したクリス・マーティンや、共演・共作歴の深いアメリカ人女性シンガー・ソングライター、エミリー・ウォーレン、さらにはドリューとアレックスそれぞれの母親もゲスト出演。幼少期から現在に至るヒストリーと今の彼らを感じることができ、そして何より、DJのみならず、自らも演奏するバンド・セットも組み込んだ彼らならではのステージで世界中を熱狂させ続けている貴重な舞台裏映像の数々が、約2か月後に迫った来日公演への期待をさらに高めるもになっている。

すべてにおいてこれまでを超え、ロックでもEDMでも既存のポップでもない、今までにないアグレッシブで新しいものに挑戦し続ける2018年の The Chainsmokers に、期待と注目がより一層高まっていくだろう。

●Apple Music限定ドキュメンタリー「The Chainsmokers – Memories」視聴リンク:
https://itunes.apple.com/jp/music-video/chainsmokers-memories/1363334336
 

【ザ・チェインスモーカーズ: 来日公演情報】

2018年 6月7日(木) 千葉 幕張メッセ
2018年 6月8日(金) 大阪 インテックス大阪
18:00開場 / 20:00開演
 

【ザ・チェインスモーカーズ: リリース情報】

<2018年第3弾シングル>
「エヴリバディ・ヘイツ・ミー|Everybody Hates Me」
配信中(2018年3月)
●試聴/購入リンク:
https://lnk.to/TCS_EverybodyHatesMe
※ストリーミング・サービスでは2018年第1弾・2弾シングル「シック・ボーイ」「ユー・オウ・ミー」との3曲入り

<2018年第2弾シングル>
「ユー・オウ・ミー|You Owe Me」


<2018年第1弾シングル>
「シック・ボーイ|Sick Boy」
配信中(2018年1月)


<デビュー・フル・アルバム>
『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン|Memories...Do Not Open』
発売中(2017年4月)
●日本盤CD: 全15曲
2,200円 / SICP-5383
以下ボーナス・トラック3曲追加収録
「クローサーfeat.ホールジー」/「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」/「ローゼズ feat.ロゼス」
●配信/輸入盤: 全12曲
購入/試聴リンク:
https://SonyMusicJapan.lnk.to/TCSMemoriesne

【プロフィール】
●ドリュー・タガート/Drew Taggartとアレックス・ポール/Alex Pallからなる2人組。
●2016年、全米チャートにおいて「ローゼズ feat.ロゼス」が最高6位、「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」が最高3位まで上昇。さらに「クローサー feat.ホールジー」では同年最長記録の12週連続1位を獲得。
●2017年、「パリ」、コールドプレイとのコラボレーションによる「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」、さらに「クローサー」のロング・ヒットによって、デュオ/グループとして史上3組目となる全米チャート3曲同時トップ10入りを果たし、初のグラミー賞にも輝いた。
●2017年4月にリリースした初のフル・アルバム『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン』がアメリカや日本を含む世界約70カ国のiTunesで即日1位、全米週間総合アルバム・チャート<ビルボード200>初登場1位を獲得。
●2017年9月からTommy Hilfigerのグローバル・アンバサダーに起用。
●2017年9月開催の<ULTRA JAPAN>に2日目のヘッドライナーとして初出演。
●2018年1月、新曲「シック・ボーイ」をサプライズ公開。同月下旬に開催された<グラミー賞>で「ベスト・ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」にノミネート。
●2018年2月、2カ月連続リリースとなる2018年第2弾シングル「ユー・オウ・ミー」を発表。
●2018年3月、2カ月連続リリースとなる2018年第3弾シングル「エヴリバディ・ヘイツ・ミー」をリリース。
●2018年6月に東京・大阪で初のヘッドライナー・ツアーを開催することが決定。

【関連サイト】
●ソニー・ミュージックによる日本公式サイト
http://www.sonymusic.co.jp/thechainsmokers

●本国公式サイト
http://www.thechainsmokers.com