21世紀の音楽シーンを代表する2人のプロデューサー、Diplo(ディプロ) Mark Ronson(マーク・ロンソン)が、超強力ユニットといえる<Silk City(シルク・シティ)>を新たに結成し、本日ファースト・シングル「 Only Can Get Better (feat. Daniel Merriweather) オンリー・キャン・ゲット・ベター feat. ダニエル・メリウェザー」をリリースした。
 

15年以上前に駆け出しのDJ同士だった頃に初めて出会ったという2人。両者ともソングライター、プロデューサーとして独自のサウンドを確立させ、今世紀を代表するヒットメイカーとして活躍するようになり、長年の月日を経て、ディスコやソウル、ハウスなど、彼ら自身のルーツへのトリビュートとして<Silk City(シルク・シティ)>を始動させたという。

2人はインスタグラムにて以下のようにコメントを発表している:

シルク・シティは、ダンス・ミュージックがさかんな最高な都市へのオマージュなんだ。シカゴ、ロンドン、デトロイト、パリ・・・ファンだった僕にとっては、そこからがすべての始まりだった。マーク・ロンソンとは15年以上前、まだレコード箱を漁っていたDJだった頃に出会った。そこから僕たちは世界中を飛び回っている」(ディプロ)

「Wes(ディプロの本名)と出会ってから16年、彼は今<ディプロ>になったけど、いまだにお互いマニアックなレコードとか変なサンプルの自慢をし合ってる。そして僕たちが共通して持っているソウル、ディスコ、ハウスへの愛を表現したレコードを作ることにしたんだ」(マーク・ロンソン)

マーク・ロンソンは5度のグラミー授賞歴を誇り、2014年にリリースした楽曲「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全米チャート14週連続1位を記録。これまでエイミー・ワインハウス、レディー・ガガ、アデルなどのトップ・アーティストのプロデュースを手掛け、常に音楽シーンに社会現象を巻き起こしてきた。そしてディプロは、<メジャー・レイザー>や<Jack U>などの大ヒット・プロジェクトのメンバー/ブレインとして、ダンス・ミュージック・シーンを牽引しながら、ビヨンセやマドンナ、ジャスティン・ビーバーなどの楽曲も手掛けてきた希代のヒット・メイカーであり、これまでにグラミー賞2冠を誇る。
数か月前から一緒にスタジオに入っている様子などをSNSに投稿し、新プロジェクトの発足を臭わせていた彼らだが、今回待望のシングル・リリースとなり早くも大きな話題となっている。
6月に米ニューヨークで開催される音楽フェス<ガヴァナーズ・ボール・フェスティバル>で<シルク・シティ>としてのフェス・デビューが決定している2人。現代音楽シーンのトップに君臨し続けるビッグネームによる大型プロジェクトの動向に今後一段と期待と注目が高まっていくだろう。

Mark Ronson(マーク・ロンソン)はインドネシアのバリ島で行われるフェスティバル【Rapture Mulla Summer Party】の出演も決定している。