iFLYER では Sigala 初来日公演のチケットを大好評販売中!
 
日本でも大注目されながら、なかなか来日公演の機会がなかったアーティストは思いの外多いが、この Sigala(シガーラ)もそんなアーティストの一人だ。Creamfields Tomorrowland といったビッグフェスへの出演も多く、業界の内外から注目を浴び続けているこの名プロデューサーの初来日公演は、確実に今年見逃したくないイベントの一つだろう。
 

Sigala のサウンドの特徴は、EDM にピアノサウンドを取り入れている点。打ち込みで作られたサウンドに、軽やかなピアノのメロディーが組み込まれた途端、非常に深みと広がりのあるサウンドに変身する。

Sigala は、幼いころからピアノを習い、ジャズやロックのバンドを組み、大学では商業音楽を専攻しており、17歳という若さで Fatboy Slim、Prodigy といった90年代のビッグビート、ドラムンベース、エレクトロニック系のアーティストたちから影響を受け、プロデュース業を始めたという。


そして、イギリスの EDM アーティスト Clean Bandit(クリーン・バンディット) “Rather Be” を聞いたことが きっかけとなり、自身の楽曲にピアノサウンドを取り入れるようになったという。
 

Sigla の代表的なプロデュース曲の一つである、イギリスの歌手 Ella Eyre(エラ・エア)「Good Time」。Ella Eyre のハスキーボイスと疾走感のあるドラムンベース、そして Sigla のピアノサウンドが心地良い。それもそのはず、この曲はドラムンベースを得意とするイギリスの EDM デュオ、Sigma(シグマ)とのコラボプロデュース。3アーティストの長所が見事に融合した名作に仕上がっている。
 

当初はプロデュース業に精を出していた Sigla だったが、次第に精神的に疲労が溜まり、気分転換のために「自分自身のために好きな音楽を作ろう」と思い立って作ったのが、Jackson 5 の ”ABC” をサンプリングしたデビューシングルの「Easy Love」である。こちらは現在、Youtube では1億4297万4691再生回数という驚異の数字を叩き出している。
 


他にもSweet Lovin' ft. Bryn Christopher” や、Good Time の Ella Eyre と再びタッグを組んだ “Came Here for Love” 等の人気が高い。
 
 

待ちに待った Sigla の来日とあって、既に各方面から注目されている今回の初来日公演。会場となる CLUB CAMELOT ドレスコード有なので、いつもよりちょっぴりオシャレをして遊びに行こう!
 

Sigala -First Japan Tour in Tokyo-

日時:2018年6月16日(土) 21:00〜
会場:CLUB CAMELOT 東京都渋谷区神南1-18-2 神南坂フレーム B3
出演:Sigala, U5 (Prog5), Sixten, DJ TAKUMA, YOSEEK, DJ SASA, FUMI, RYOYA
料金:
男性 3,500円(1Drink)
TICKET Sigala -First Japan Tour in Tokyo- EARLY BIRD TICKET FOR MEN(1ドリンク+優先入場)※男性限定 ¥3,000
 
女性 1,500円(1Drink)
TICKET Sigala -First Japan Tour in Tokyo- EARLY BIRD TICKET FOR WOMEN(2ドリンク+優先入場)※女性限定 ¥1,000
 
※当店では、ご入場の際にIDチェックを行います。顔写真付身分証明書が必要となります。
(未成年の御入場をお断りしております)
※オシャレな服装でご来店ください。
※店側の判断によりご入場をお断りさせて頂く場合がございます。
※男性のサンダル、タンクトップ、ジャージ等ラフな格好での入場をお断り致します。また入れ墨(ファッションタトゥー)が見えている服装での入場もお断り致します。