2016年4月にスタートし、毎週水曜日の R LOUNGE にてテクノ、ハウスを中心に最新のダンスミュージックを発信するパーティ【PHAZE】128回目の開催となる今回は4月以来となる週末開催!
ヘッドライナーには、プロデューサー、DJ、LIVE P.A、ベルリンのテクノシーンのCPUとして90年代初頭から活動を続け、レーベルオーナーとしてもACID ORANGEを筆頭に、Muller Recordsなども成功に導いてきた FRANK MULLER aka. BEROSHIMA が R LOUNGE に2年ぶりの登場!!
 

Frank Muller aka. Beroshima
(muller records, acid orange, cocoon, soma , mad musician)

プロデューサ、DJ,Live P.A,としてベルリンのシーンのCPUとして90年代初頭から活動を続けているFrank Muller aka Beroshima。
Beroshima名義のテクノバンドにはウルリッヒ・シュナウスも交える事もあり現在に至るまで第一線で活躍をする。またレーベルオーナーとしても、ACID ORANGEを筆頭に、Muller Records等を成功に導く。

2007年、Cocoonより発売された「Horizon」は、Cocoonで最多のセールスを記録。Francois.K、Danny Howells、Sven Vath、Funk D'void、Technasia 達により、mix CD にコンパイルされる等して同年Ibizaのbest trackに選出された。
 

このリリースを皮切りにハウスマーケットにも支持される様になりNic Fanciulli、Sasha、James Zabiela のプレイリストにも頻繁に名前が出る様になり翌年リリースされた”Moonraker Ep”は北ヨーロッパのメディアにベスト・ハウスプロダクションとして選定される。

2012年境界線のないダンスミュージック、マーケティングの為にジャンル化、ハイプ化されてみつかりにくくなった良質のダンスミュージックの発信をミッションとしたレーベル”MAD MUSICIAN”発足。フランクによって選ばれるアーティスト達は、製作&パフォーマンスする本人達が最も楽しんでいる事。これまでに KIRK DEGIORGIO、TIGERSKIN、FUNK D’VOID、ULRICH SCHNAUSS、KEN ISHI がリリースされた。現在すべてのアナログがすべてソールドアウトという快挙を記録している。同年アルバム『Polyphonication』をリリースする。

2013年、20周年を迎えると同時にアルバム『Real 2 Reel』を発売する。
音の立体感、有機感、温度感を出すためにレコーディング過程には暖かみのあるアナログシンセ PPG2.2、Matrix 12 oberheim 等を選んだ後は、相性の合うアナログミキシングデスクとアナログテープレコーダーを使用するなど、細部までこだわり続けた。
 

この数年は CM の音楽制作や、映画のサウンドトラックの制作に携わるなど、フィールドをさらに広げる 20年目をスタートする傍らカルトレーベルとして知られる ACID ORANGE を18年ぶりに再始動した。Muller Records からは今年日本の若手コンポーザー Hiroyuki Arakawa や Master Master をリリースした。
最近の活動としては、昨年の Gem Records への remix が beatport で1位を獲得、また唯一ミュージックキュレータとクラブをもつ世界ホテルチェーン W Hotel のノベルティレコードに自身のトラックが選出されるなど今年はムラーレコーズ20周年ですでに幾つかの企画が進行中である。また日本では自身の楽曲のリミックス集がリリースされ注目を集めている。
 

PHAZE meets FRANK MULLER aka. BEROSHIMA

日程:2018年8月10日(金)
場所:R LOUNGE 6F
150-0042 東京都渋谷区宇田川町4 - 7 トウセン宇田川町ビル
時間:OPEN 22:00
料金:DOOR ¥2,500  W/F ¥2,000
DJ:FRANK MULLER aka. BEROSHIMA / A.Mochi / HIROYUKI ARAKAWA × HOWAKO / yohei HIBIKI / NAOKI (MEISAI) / avion