今年10月に最新アルバム『Saturn(サターン)』をリリースし、12月6日(木)に初来日公演が決定している UK 出身のネオ・ソウル/ R&B シンガー NAO(ネイオ)が、単独公演の前日12月5日(水)に行われる新進気鋭プロデューサー MURA MASA(ムラ・マサ)のジャパン・ツアー東京公演にオープニング・アクトとして出演することが決定した。

2016年のアルバム・デビュー前より、先行リリースしていた2枚の EP が早耳リスナーを中心に注目を浴び、ファンク、ソウル、エレクトロニカを融合させた“ネオ・ソウル/オルタナティブ R&B サウンド”と、特徴的なハイトーン・ヴォイスでUK音楽シーンを中心に人気を獲得してきた NAO。これまでにディスクロージャー、ストームジー、サンファなどとのコラボレーションも経て、今年に入ってからはナイル・ロジャース & シック25年振りの新作『イッツ・アバウト・タイム』に参加していることでも話題を呼んだ。また、最新アルバム『サターン』は、ジャズやアフロビートなども取り入れた更なるクロスオーヴァ―・サウンドを披露している渾身のセカンド・アルバムに仕上がっており、ケンドリック・ラマーが所属するレーベル <Top Dawg Entertainment> の注目新人= SiR などが参加している他、アルバム収録曲「If You Ever(イフ・ユー・エヴァー)」に、新たにアトランタ出身の人気急上昇中のラッパー= 6LACK(ブラック)を迎えた新ヴァージョンも公開し、注目を集めている。
 
 

ムラ・マサとはこれまで、ムラ・マサのデビュー・アルバム『ムラ・マサ』(2017年)に収録されている人気楽曲「ファイアーフライ」と、今年8月に配信されたシングル「Complicated(コンプリケイテッド)」でコラボレーションを果たし、ネイオの最新アルバム『サターン』にはムラ・マサもソングライターとして参加しており、ムラ・マサの来日公演ではそれぞれの楽曲の生披露も期待される。また、単独公演では、ライヴ・アクトとしても評価の高い彼女のフル・パフォーマンスを堪能できる場となりそうだ。
 
 

NAO(ネイオ)来日公演

単独公演
日程:2018 年 12 月6 日(木)
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
会場:渋谷 WWW X
チケット: オールスタンディング 6,000円(税込・別途 1Drink 代)
 
公演詳細情報URL: http://po.st/naotokyo

オープニング・アクト
MURA MASA | ムラ・マサ
JAPAN TOUR 2018
東京公演 ※SOLD OUT
オープニング・アクト: ネイオ
日程: 2018年12月5日(水)
会場: EX THEATER 六本木
公演詳細情報URL:http://smash-jpn.com/live/?id=2982
 
 NAO(ネイオ):プロフィール
http://www.sonymusic.co.jp/artist/nao/profile/
本名:ネオ・ジェシカ・ジョシュア、30歳。東ロンドン出身
音楽学校でジャズ・ヴォーカルを学び、バックアップ・シンガーとしてキャリアをスタート
ある日ロンドンのコルシカ・スタジオでのパフォーマンス後に、音楽マネージャーに見染められ、一緒に日本へ旅へと出る。東京に魅了されたネイオは、自身のレーベルを”Little Tokyo Recordings”と名付け、2014年にEP『So Good』をリリース
翌年にはセカンドEP『February 15』をリリースし、2015年MOBO アワードで<ベスト・ニューカマー賞>にノミネートされ、一気にUKのアンダーグラウンド・シーンで注目を浴びる存在に
更に同年、<グラストンベリー>への出演も果たし、ディスクロージャーの全英1位獲得アルバム『カラカル』(2015年)に参加。2016年 <BBC Sound of 2016>で は3位に選出
2016年7月に初のフル・アルバム『フォー・オール・ウィー・ノウ』をリリース。各メディアから賞賛を受け<BRIT AWARD>で<最優秀ブリティッシュ・フィーメール・ソロ・アーティスト賞>にノミネート
『フォー・オール・ウィー・ノウ』のリミックス・アルバムにはサンファ、SBTRKT、ケイトラナダなどが参加
2017年には、ムラ・マサ『ムラ・マサ』(2017年)収録の「ファイアーフライ」へのゲスト参加で、その注目度は更に上昇
2018年8月には、スクリレックスとの共作が話題となっている「コンプリケイテッド」で、再びムラ・マサとの共演を果たす
2018年10月、セカンド・アルバム『サターン』をリリース
2018年12月、初来日公演の開催が決定