夏フェスシーズン到来!国内ではFUJIROCK、SUMMER SONICなどの音楽フェスが開催されるため、夏を楽しみにしている人は多いはず。持ち物で困ることのないように持ち物はしっかりチェックしておこう!今回は、フェスに持っていくと便利なグッズやおしゃれなアイテムを紹介します!

サングラス


サングラスは直射日光を浴びる野外フェスにおいて必須アイテム。サングラスをかけるだけで大人っぽさも出すことができるので一石二鳥の便利アイテムだ!シンプルなコーディネートにサングラスを合わせるのがオススメ。
オシャレで遊び心のあるサングラスを探している方は以前iFLYERでも取り上げていた「カレイドスコープサングラス」をチェックしてみて欲しい。

ペットボトルホルダー

気温もラインナップも熱いフェス。熱中症にならないように水分補給はお忘れなく。多くのフェスでは水などをペットボトルで販売しているはずだが、ペットボトルを持って歩くのは面倒なので、カラビナ付きペットボトルホルダーをつけてスマートに持ち歩こう!ペンギンのロゴでおなじみ、フェスの定番ブランド「CHUMS」でもボトルホルダーを取り扱っている。


CHUMSホームページ

スマートフォンバッテリー​


スマートフォンの電池が切れてしまうと何かと不便。大きな会場では待ち合わせができなくなったり、タイムテーブルやステージの位置が確認できなくなるなどの不便な点が発生するので、スマホバッテリーは必ず持ち歩くようにしよう。家電量販店に行くと膨大な種類のスマホバッテリーがある。スマホの利用ペースに合ったものを選ぶのがベストだが、できるだけ最低限の荷物の量で抑えるためにも、スマホバッテリーもコンパクトなものを選ぼう!

ウェットティッシュ


意外と重宝するのがウェットティッシュ。会場内でフードを食べるときや、汗をかいたときなど、フェスでは様々なシーンで必要になるので持っていて邪魔になることはない。手を洗うだけの目的でわざわざトイレに行くのが面倒になるので持っておこう!

防水ケース

スマホを水から守る必須アイテム。ビーチフェスなどでは必ず持っていくようにしよう。防水ケースはケースタイプと首から下げるタイプの2タイプある。首からかけるタイプは少しではあるが現金を入れることができるため、こちらがオススメ。100均で買えるものから多機能なものまで幅広くあるが、「防滴」は完全に防水できるわけではないので要注意。
オシャレに身に付けたいのであれば「bikit」のスマホケースがオススメ。様々なデザインがあるので、自分にあったものを選んで楽しもう!


bikit販売ページ

以上のように、周到に準備をしておけばフェスを存分に楽しむことができる。あまりにも荷物が多くなると移動が大変になってしまう上に周りにも迷惑がかかってしまうので荷物はできる限り少なめに。会場付近のロッカーやクロークを有効活用しよう!

また、国内フェスのチケットもiFLYERでは販売中。お見逃しなく!

7月2日-7月3日 CORONA SUNSETS FESTIVAL
TICKET CORONA SUNSETS FESTIVAL 前売(7月2日、3日 2日通し券)/ ADV 2-DAY PASS (July 2nd & 3rd) ¥6,000
 
7月22日-7月24日 FUJI ROCK FESTIVAL'16
TICKET FUJI ROCK FESTIVAL'16 3日通し券 / 3 Day Ticket ¥43,000