• 7 Stars

    FRI, 16 Aug 2019

    SUMMER SONIC 2019 TOKYO

    @ 幕張メッセ / CHIBA, JAPAN

    Rock
    Pop
    Live
    B’z
    /
    FALL OUT BOY
    /
    The 1975
    /
    WEEZER
    /
    WANIMA
    /
    YUKI
    /
    [Alexandros]
    /
    Robert Glasper
    /
    RITA ORA
    /
    TWO DOOR CINEMA CLUB
    /
    Snow Patrol
    /
    Bananarama
    /
    JUJU
    /
    ENDRECHERI
    /
    秋山黄色
    /
    Alec Benjamin
    /
    八三夭
    /
    The Birthday
    /
    BiSH
    /
    Björn Again
    /
    Cheryl Lynn
    /
    クリープハイプ
    /
    GRACE CARTER
    /
    秦 基博
    /
    HY
    /
    Intersection
    /
    神様、僕は気づいてしまった
    /
    KEYTALK
    /
    Little Glee Monster
    /
    Michael Monroe
    /
    向井太一
    /
    MY FIRST STORY
    /
    PALE WAVES
    /
    PassCode
    /
    Psychedelic Porn Crumpets
    /
    リーガルリリー
    /
    RIRI
    /
    Sabrina Carpenter
    /
    Sam Fender
    /
    THE STRUTS
    /
    Supper Moment
    /
    Xiao Bing Chih
    /
    INTERCEPTOR
  • 77 Stars

    FRI, 26 Jul 2019

    FUJI ROCK FESTIVAL 2019

    @ 苗場スキー場 / NIIGATA, JAPAN

    Rock
    The Chemical Brothers
    /
    Thom Yorke Tomorrow's Modern Boxes
    /
    ELLEGARDEN
    /
    Janelle Monáe
    /
    Anne-Marie
    /
    BIGYUKI
    /
    GARY CLARK JR.
    /
    Kaytranada
    /
    KID FRESINO
    /
    King Gizzard & The Lizard Wizard
    /
    LUCKY TAPES
    /
    The Lumineers
    /
    Mitski
    /
    中村佳穂
    /
    七尾旅人
    /
    Nicola Cruz
    /
    NST & THE SOUL SAUCE MEETS KIM
    /
    OAU (OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)
    /
    ORIGINAL LOVE
    /
    Red Hot Chilli Pipers
    /
    Sabrina Claudio
    /
    Shame
    /
    Soul Flower Union
    /
    スガ シカオ
    /
    TORO Y MOI
    /
    Tycho
    /
    The Waterboys
    /
    Yaeji (NY)
    /
    ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA (feat. 加山雄三、仲井戸”CHABO”麗市、リアル・オ・メンリィ、オカモトショウ、GLIM SPANKY)
    /
    思い出野郎Aチーム
    /
    CINEMA dub MONKS
    /
    TAMTAM
    /
    チャラン・ポ・ランタン
    /
    キウイとパパイヤ、マンゴーズ
    /
    VenueVincent
    /
    Upendra and friends plus Mr. Sunil
    /
    Peter Barakan
    /
    Matador! Soul Sounds
    /
    CUMBIA KID meets CHONTA DJ
    /
    勝手にしやがれ
    /
    EL HIJO DE LA CUMBIA a.k.a EGO.360
    /
    Zoo
    /
    RADICAL MUSIC NETWORK
    /
    CIRCUS ABYSSINIA
    /
    苗場音楽突撃隊
    /
    武藤昭平 with ウエノコウジ
    /
    ニガミ17才
    /
    中川敬
    /
    グッドラックヘイワ
    /
    Hei Tanaka
    /
    NAGAN SERVER
    /
    Ropes
    /
    角銅真実
    /
    優河
    /
    MOROHA
    /
    杉山清貴
    /
    LOVE FOR NIPPON STAGE 谷本賢一郎 渡辺俊美 青谷明日香
    /
    Big Willie's Burlesque
    /
    BLOODEST SAXOPHONE feat. CRYSTAL THOMAS
    /
    Ouzo Bazooka
    チケット購入

Weekend 1(現地時間4月12日から14日)、Weekend 2(4月19日から21日)と、2週末に渡って開催される世界最大級のモンスターフェスティバル【Coachella 2019】。先週末の様子はストリーミングもされ、コーチェラだからこそのステージングや熱狂する現地の様子が放映された。そして、日本時間の20日早朝からは、Weekend2 がスタート!
Weekend2を前に、Coachella Weekend1 での出来事や来日予定のアーティストをピックアップしてみた。
 

Day 1(4月12日)

The 1975(SUMMER SONIC出演予定)


The 1975(ザ・ナインティーンセブンティーファイブ)は、去年発売の最新アルバムから "It's Not Living (If It's Not With You)" や "Love It If We Made It"、ファーストアルバムから "Chocolate" など
ヒット曲満載のセットを披露。YouTube では "It's Not Living (If It's Not With You)" が公開されている。

セットリストはこちらから
 
 

Janelle Monae(FUJI ROCK FESTIVAL出演予定)


歌もダンスもバンドも完璧で、ショーとして完成されたパフォーマンスを披露した Janelle Monae(ジャネール・モネイ)。昨年各メディアで絶賛されたアルバム『Dirty Computer』から "Make Me Feel"、"Pynk"、"Django Jane" などを見ごたえたっぷりに歌い上げた。パフォーマンスの途中では、Lizzo(リゾ)Tierra Whack(ティエラ・ワック)も登場し、フェスならではのサプライズも。

セットリストはこちらから
 
 

BLACKPINK(SUMMER SONIC出演予定)


"DDU-DU DDU-DU" からはじまり、Dua Lipa(デュア・リパ)とのコラボ曲 "Kiss and Make Up" や、ジェニーのソロ曲 "Solo"、YouTube 24時間再生回数の記録を更新した新曲 "Kill This Love"(現在は BTS の「Boy With Luv」が歴代1位)を披露した BLACKPINK(ブラックピンク)。パフォーマンスが終わると、「BLACKPINK × コーチェラ」というワードがツイッターの世界リアルタイムトレンドランキングで1位に!

セットリストはこちらから
 
 

DJ Snake


DJ Snake(DJ スネーク)のステージでなんといっても圧巻だったのは、ラストに披露された1曲。昨年度、リリースと共に大ヒットとなった「Taki Taki(タキ・タキ)」のパフォーマンスでは、Cardi B(カーディー・B)、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)、Ozuna(オズナ)がステージに登場し、観客のボルテージは最高潮に! セレーナ・ゴメスがコーチェラに出演するのは今回が初めてだった。

セットリストはこちらから
 
 

Day 2(4月13日)

Weezer(SUMMER SONIC出演予定)


Weezer(ウィーザー)は今年発売された話題になったカバーアルバム『Weezer(Teal Album)』の中に収録されている "Everybody Wants To Rule The World" と "No Scrubs" を披露。オリジナル音源のアーティストである Tears For Fears(ティアーズ・フォー・フィアーズ)TLC の Chilli(チリ)が登場しパフォーマンスを行った。Chilli はカバーアルバムがリリースされたときから一緒にパフォーマンスをしたかった、と語っており、ここに念願の共演が実現した。

セットリストはこちらから
 
 

Wiz Khalifa(WIRED MUSIC FESTIVAL出演予定)


3月31日に自身が経営する洋服店の外で銃殺された Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)と、去年死去した Mac Miller(マック・ミラー)に追悼の意を称し、自身の息子をステージに呼び、素晴らしい父親像見せた Wiz Khalifa(ウィズ・カリファ)は、人柄の良さが溢れるステージで観客の心を鷲掴みにした。

セットリストはこちらから
 
 

J Balvin


J Balvin(ジェイ・バルヴィン)のまるで原宿の KAWAII カルチャーのような雰囲気のステージは、アート集団 FriendsWithYou とのコラボレーションで制作されており、カラフルでクレイジーなキャラクターやダンサーが観客の視線を釘付けにした。"I Like It" でコラボした Cardi B と Bad Bunny(バッド・バニー)もコーチェラに出演していたが、ここでは現れず、"Con Altura" でコラボした ROSALÍA(ロザリア)と J Balivin をフィーチャーした "Contra La Pared" をリリースした Sean Paul(ショーン・ポール)が壇上に。ラテン一色のステージとなった。

セットリストはこちらから

過去記事>>​J.バルヴィンとのコラボシングルを3月14日にリリースした【ショーン・ポール】最新インタビュー!
 

Billie Eilish


技術的な問題により30分遅れでスタートした Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)は、短くなってしまった限られた時間の中で最高のパフォーマンスを披露。17歳になり、先月末に発売されたアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』も絶好調の Billie Eilish。セットリストはニューアルバムからの楽曲がほとんで、途中には Vince Staples(ヴィンス・ステイプルズ)も登場、数年後にはヘッドライナーを務める予感をさせてくれた素晴らしいステージだった。

セットリストはこちらから
 
 

Tame Impala


2日目のヘッドライナーを務めた Tame Impala(テーム・インパラ)。今回でコーチェラの出演は4回目となる。広大なスクリーンにはサイケデリック・ロックバンドらしさ満点のヴィジュアルで、観客を現実逃避させるには十分な演出だった。メンバーの上空には七色に光るリングが動き、数え切れないほどのレーザーが一斉に照射され、非常に幻想的なステージとなった。新旧揃ったセットリストには、どの世代のファンも楽しめたことだろう。いつかこの演出で来日してくれることを期待したい。

セットリストはこちらから
 
 
 

Day 3(4月14日)

ZEDD(SUMMER SONIC出演予定)


数多くの EDM アーティストが出演していた Coachella 2019 だが、唯一メインステージに立ったアーティストが ZEDD(ゼッド)だった。Hailey Steinfeld(ヘイリー・スタインフェルド)、Alesia Cara(アレッシア・カーラ)らとコラボしたトラックをプレイした ZEDD は、ステージが始まって間もなく Katy Perry(ケイティー・ペリー)とのコラボ曲 "365" を披露。ステージ上に現れ「こっそり会場した」と言った Katy Perry がコーチェラに来るのは、今年で17回目だという。
その後も "The Middle" や "Clarity"、今年大ヒットした Queen の "Bohemians Rhapsody" をプレイするなど飽きさせないセットだった。

セットリストはこちらから
 
 

CHVRCHES(SUMMER SONIC出演予定)​


ファーストアルバムから去年発売の最新アルバムまで Chvrches(チャーチズ)は ベストのようなセットを披露。最新曲の "Here With Me" を披露する際には Marshmello(マシュメロ)も登場し、ギターをプレイ。Chvrches のライブの良さを改て感じさせられたのと共に、Marshmello の音楽に対する造詣の深さに驚かせれた。

セットリストはこちらから
 

Ariana Grande


3日目のヘッドライナーだった Ariana Grande(アリアナ・グランデ)は様々なアーティストをステージに呼んで観客を盛大に盛り上げた。90年代に一斉を風靡したボーイズグループ  *NSYNC(イン・シンク)が登場。メンバーの中心的存在であった Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)は現れなかったが、他の4人が登場し "Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored(ブレイク・アップ・ウィズ・ユア・ガールフレンド、アイム・ボード)"、"It Makes Me Ill(イット・メイクス・ミー・イル)" を披露した。更にNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)が登場し、Ariana とコラボした "Bang Bang(バン・バン)" を披露、Mase(メイス) Diddy(ディディー)は一緒に "Mo Money Mo Problems" を披露し、"thank you, next" でフィニッシュ。盛大な Weekend 1 の締めくくりとなった。

セットリストはこちらから