SESSION 18th ANNIVERSARY の前売りチケットは iFLYER にて大絶賛販売中!!
 
日本を代表するナイトクラブ・WOMB にて開催され続ける、ロングラン・レジデント・ハウス/テクノパーティー SESSION。その18周年を祝うアニバーサリーに、フランスより気鋭アーティスト・Julian Jeweil(ジュリアン・ジュエイル)が来日する。


Beatport のチャートのトップを飾るレギュラーアーティストの一人である Julian Jeweil は、南フランスとベルリンに拠点を置くフランス人アーティスト。メロディックスタイルのテクノを特徴とし、2007年リリースの「Airconditionné」のヒットでその頭角を現した。
 

更に2010年、Sven Vath が主宰する Cocoon Recordings より EP『Color』をリリース。更に 同年、WOMB ともゆかりの深いテクノ界の大御所 Richie Hawtin による Plus 8 Records からもシングル「Soho」をリリースし、Beatport の Techno Top 100 で1位を飾った。
 

その後も Julian Jeweil は、Plus 8 Records を初めとする有名レーベルから数々のヒットを飛ばし、テクノシーンでの地位を確率してきた。
2015年には、Beatport にて No.1 テクノDJ の座を獲得、2017年には世界各国で開催される Ultra Music Festival の中で、数ヶ国の Resistance ステージに出演、2018年にはファースト LP「Transmission」をリリース、複数の Beatport チャートのトップを飾り、2019年初頭の大ヒットとなった。


Julian Jeweil の他にも、SESSION 18周年を祝うこのパーティーでは、同イベントに所縁のあるアーティストが勢ぞろいし、アニバーサリーを祝福する。

1991年、Joe.T と共に MAGNET SOUNDS RECORDS を NY に設立、エグゼクティブプロデューサー兼 A&R として活動を開始、94年には若干20歳にして STRICTLY RHYTHM RECORDS の日本のレーベルマネジャーに就任しアンダーグラウンドなプロモーションを中心に活動、更に DJ としても日本はもちろんアメリカ、ヨーロッパとグローバルに活躍しシーンに多大な影響を与えてきた、同イベントのレジデントを務める  TOMMY WADA、WOMB 等渋谷のクラブを中心に、海外でも ADE やSONAR OFF WEEK 等のビッグイベントにも出演、数々の国内外の名門テクノレーベルからリリース、2017年には Beatport にてテクノアーティストとして世界ランク19位という快挙を成し遂げた DRUNKEN KONG


日本はもちろんヨーロッパ、南米等でも活躍し、ULTRA JAPAN RESISTANCE TOKYO に2015年より4年連続出場を果たす OSAMU M、札幌のクラブである addict - sapporo にて2019年より新たにイベント「Chord」を主宰、札幌のクラブシーンを牽引する札幌 DJ 界の重鎮的存在の KARIBIZA といった日本におけるテクノ・ハウスシーンに欠かせないアーティストの面々がフロアを踊らせる!


WOMB が誇るパーティー、SESSION の18年の歴史を、世界レベルのダンスミュージックと共に祝おう。
 

SESSION 18th ANNIVERSARY

日時:2019年11月30日(土)22:30〜4:30
会場:WOMB 東京都渋谷区円山町2-16
料金:当日 3500円、前売り 3000円
出演:
SPECIAL GUEST/JULIAN JEWEIL
LINE UP/TOMMY WADA, DRUNKEN KONG, OSAMU M, KARIBIZA
VJ/TONTON

【VIP LOUNGE -SESSION DEEP-】
Hi Sai(KRASH), NAKA-DASH, Chrumi(SPECTRA), ツヅラ, KODAGENKOU, Makoto, FUKA

【WOMB LOUNGE】
YOPI, TAKASON, xXif & nNana(.OiDZ | ƎLEMENTS), Bark(.OiDZ | Experiment), Ellen Angelluci(EKTiK)