毎年3月にアメリカ・テキサス州オースティンにて開催される音楽、映画、インタラクティブの3つが軸となっているフェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト)」。
今年は3月10日(金)~3月19日(日)で開催されている。近年は世界中からクリエーターやイノベーターがアイデアを共有し、学べるプラットフォームとして、10日間でのべ10万人が訪れる世界最大規模のビジネスフェスティバルとなっている。

その中で3月12日(日)~14日(火)、ソニーは最新技術を活かしたプロトタイプや研究開発段階のプロジェクトなどをソニーグループのコンテンツとも組み合わせて“The WOW Factory”として展示を行った。


数あるプロジェクトの中で興味深い製品がこちら。

Motion Sonic Project

腕や足に3つのマイクと6軸センサーを搭載したバンド型のデバイスをつけると体の動きを自由自在に音や音楽に変換できる。ダンスなどのパフォーマンスによる身体感覚と音の完全なシンクロ体験ができる。


Sony | "EXPERIMENTAL DEVICE" MOTION SONIC PROJECT

Sony | "DANCE PARTY" MOTION SONIC PROJECT

■Future Lab Program

手も、目も、耳も自由。ハンズフリーで周囲の音を消すことなく音楽を聴いたり音声による情報を楽しめる。
ユニークな形のワイヤレス"オープンイヤー"は耳に入れる部分がリングになっており音楽を楽しみながらでも周囲の音を消さず会話もできる。


こちらは首からかけて音声によるボイスコントロールが可能。GPSによる情報リサーチや内蔵されているカメラでの写真撮影をすることができる。


Future Lab Program N - concept movie

■Xperia Projector

このプロジェクトのひとつ、Xperia Touchはプロジェクターで映し出したスクリーンに直接触れて操作することができる。いつでもどこでもピアノやドラムを演奏したり、ターンテーブルでDJをすることだって可能に。




Xperia Projector – blurring the line between the digital and physical

その他にも音楽を触覚や視覚として体感できる共感覚スーツやVR(バーチャル・リアリティ)によってアニメや映画の世界へ入れるアトラクションなど会場の参加者が楽しんで最新テクノロジーを体験できるブースとなった。これらはまだ開発途中で商品化は未定だがユーザーの声を参考しながら今後も研究が進められていくという。

また3月15日(水)〜16日(木)には“Lost In Music”の音楽イベントとして「プレイステーション ストア」での配信に先行し、PlayStation®4専用VRシステム向けにソニーとThe Chainsmokersが協力して制作した「Paris」のVRのミュージックビデオを公開。16日夜はThe Chainsmokers含め、数多くのSMEアーティストのライブパフォーマンスが行われる。
The Chainsmokersも新しい試みをとても楽しみにしているようだ。



バーチャルリアリティ(VR)システムPlayStation®VRは2017年2月19日(日)時点で全世界の累計実売台数が91万5千台に達している。
近い将来にはVR空間の中で好きなアーティストのパフォーマンスを最前列で楽しんだり、視覚や触覚をつかって音楽を演奏したりするのが"普通"になっているかもしれない。