NYハード・ハウスの重鎮として知られるDANNY TENAGLIA(ダニー・テナグリア)の2年ぶりの来日公演が、2017年12月16日(土)WOMBにて開催される。前回のDANNY TENAGLIAの来日は、今回と同じイベント「SESSION」の14th ANNIVERSARYにおけるものだったが、イベントは大入り満員となりレジェンドDANNY TENAGLIAの人気と実力を見せ付けられる形となった。


DANNY TENAGLIAは現在ニューヨークに拠点を置き、30年以上にわたり活躍し続ける超大御所DJ/グラミー賞レコード・プロデューサー。JUNIOR VASQUEZと並んで「ハード・ハウス」というジャンルのパイオニアとして知られているが、彼の音楽への追求はとどまるところを知らず、多岐に渡るジャンルを跨いだ音楽性で知られており、常に進化をし続けてきたDJでもある。様々なジャンルの音楽をクロスオーバーさせ、最近では渋みのあるベルリンスタイルのテクノを得意としている。
 

長年に渡り世界から注目され続ける飛び抜けた音楽性

DANNY TENAGLIAはNYにあるMiami、Roxy、Twilo、Tunnel、Vinylといった超有名人気クラブのレジデントの他、イビザにあるSpaceのレジデントDJを務めたキャリアを持つ。また、JamiroquaiやMadonnaのリミックス等も手がけており、過去にDJアワードでは3回の受賞歴、Muzikアワードでは2回の受賞歴、さらに国際ダンスミュージック賞の受賞経験を持つことからも分かる通り、世界的にその実力を認められているアーティストである。


一つの音楽ジャンルでトップアーティストとなるだけでも簡単なことではないが、DANNY TENAGLIAの驚異的な点として、彼が複数のジャンルを制するマルチプレイヤーであるという点が挙げられる。しかも、上っ面だけ攫うのではなく、その道を突き詰めたエキスパートとして認められているアーティストなのである。

NYハードハウスのパイオニアは現在、テクノミュージックの本場であるドイツのテクノシーンでも認められるトップテクノアーティストとしても名を馳せている。通好みな選曲で評価が高いイギリスを拠点として活動するテクノアーティストのNicole Moudaber(ニコル・モウダバー)や、“テクノキング”の異名を持つフランクフルトのアーティストChris Liebing(クリス・リービン)、Richie Hawtin(リッチー・ホウティン)にも実力を認められ世界中のビッグテクノフェスティバルにも名を連ねているトップテクノアーティストのJOSEPH CAPRIATI(ジョセフ・カプリアッチ)らとのB2Bも果たした。
 


2013年には世界最高のクラブの一つとして常に名を挙げられるベルリンのBerghain、そしてPanorama Barにてダブルヘッダーも務めている。

10歳の頃からレコード収集、
伝説のアンダーグラウンドゲイパーティーシーンで受けた音楽の衝撃!

DANNY TENAGLIAがレコードを収集して始めたのは、なんと10歳の頃。1979年、18歳の時に初めてナイトクラブ「Paradise Garage」へと足を踏み入れ、そこでアンダーグラウンドのゲイパーティーシーンで活躍していた、今は亡き伝説的DJ  Larry Levanのジャンルレスな音楽に魅了されたという。Larry Levanの人気はゲイシーンだけに止まらず、当時、世界中から彼のプレイを一目見るために数多くのDJたちがParadise Garageへと訪れるほどだったという。


ディスコ、ロック、ヒップホップ、ラテン、ソウル、テクノ、ポップ…Larry Levanの大胆なプレイスタイルは当時、国内外のDJたちに大きな衝撃を走らせた。Larry Levanは「史上最も影響力のあったDJ」の一人とも言われており、若かったDANNY TENAGLIAもそれに漏れなくLarry Levanから大きな音楽的影響を受けることとなる。
 

ちなみに「Paradise Garage」にはLarry Levan自らが構築した"Levans"と呼ばれたサウンド・システムが据えられていた。こちらは大音響でありながら非常にクリアな音質を保持しており、ダンスフロアの中央にいてもスムーズに会話ができるほどだったとのこと。また、Larry Levanは照明にも造詣が深く、音響、照明を巧みに操り、Paradise Garageをより伝説的なクラブへと作り上げていった。今でもParadise Garageは史上最高のクラブの一つとして語り継がれている。


随所にこだわりがあり、なおかつ温かみや包容力のあるパーティー作りを信条としていたLarry Levan。その心意気を強く受け継いでいるDANNY TENAGLIAは、更に幼い頃から長年にわたって音楽と真剣に向き合い育んできた実力と、音楽に対する愛情を持っており、彼のプレイには世の中の流行に媚びずとも常にフロアの人々を踊らせ続ける強いパワーが秘められている。
 

アンダーグラウンドシーンのトップDJたちからも
愛される卓越したセンスと技巧

NYハードハウスのパイオニアから、ベルリンテイストの世界トップクラス・テクノアーティストへと変貌を遂げたDANNY TENAGLIAであるが、それは幾多にも積み重なる過去の音楽経験が作り上げたものであって、一朝一夕の付け刃的なものではない。だからこそ、彼の音楽には玄人を唸らせる深みと同時に、他ジャンルの客まで踊らせる魅力がある。それは、実力なくしては適わない6時間、12時間、時には24時間にも及ぶロングセットをDANNY TENAGLIAが得意とし、更に彼のパーティーの常連にはCarl Cox、Paul Oakenfold、Sasha、Digweed…といった世界的TOP DJたちの姿も多いことからも一目瞭然だろう。
 

メインストリームからアンダーグラウンドまでを股にかけるDANNY TENAGLIAのプレイはとにかく一見の価値あり! 貴重なこの機会をお見逃しなく。

Written by きのや

SESSION 16th ANNIVERSARY

日時:2017年12月16日(土)22:00〜04:30
場所:WOMB
   東京都渋谷区円山町2-16 スタジオアリアス
料金:​ADV: ¥3000 / DOOR: ¥3500
出演:Danny Tenaglia、TOMMY WADA、YOSHI