▼配信の無料視聴はこちらのイベントページから
  • PICKUP

    3 Stars

    SAT, 29 Aug 2020

    EDGE HOUSE ONLINE supported by Budweiser

    @ Twitch EDGE HOUSE Channel / TOKYO, JAPAN

    House
    Hip Hop
    Electro
    DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY
    /
    GUCCIMAZE
    /
    KENTA CATS
    /
    KZMT
    /
    TOMOYA YAMASHITA
    /
    VJ MANAMI
 
世界最大のビールメーカー、アンバイザー・ブッシュ・インベブの大人気ビール「Budweiser(バドワイザー)」。世界80ヶ国以上で販売され、多くの人々から愛されているこのビールが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽・ファッション・アートといったカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足。
 

第1〜3弾では、人気パーティー LOST DACADE、Creative Drug Store BIM の赤坂 BLITZ 公演、Tokyo Community Radio の東京と地方4箇所をつなぐ DJ 配信をサポートしてきた「RE:CONNECT」の第4弾支援先として、渋谷 SOUND MUSEUM VISION の人気パーティー「EDGE HOUSE」が決定!
 
最新の HOUSE/TECH HOUSE のグルーヴをいち早く取り入れ、フェス、クラブを始め様々な場所で五感を刺激する新感覚パーティーをプロデュースしてきた EDGE HOUSE が、新型コロナ禍によりクラブへ足を運ぶ機会を失ったクラバーたちと RECONNECT すべく、DJ とトークセッションによる「EDGE HOUSE ONLINE」を開催する。


これまで、EDGE HOUSE はレジデント DJ の DJ DARUMA(PKCZ®)& JOMMY を中心に、様々なジャンルで活躍する一流の才能たちが集結。カッティングエッジな HOUSE / TECH HOUSE を中心としたダンスミュージックと、インパクトのある映像・会場デコレーション等のアートワーク、そしてそれらを更に印象付ける香りの演出と、視覚・聴覚・嗅覚といった様々な方向から五感を刺激する新感覚のパーティを開催してきた。


今回の「EDGE HOUSE ONLINE」は2部構成となる。

第1部は、EDGE HOUSE のロゴや昨年の「BUDX Tokyo」のアートワークを手がけ、現在自身初の個展を開催中の国内外で活躍するグラフィックデザイナー/アーティスト、GUCCIMAZE をゲストに迎えたトークセッション。
GUCCIMAZE は、他にもこれまでに Nicki Minaj のアルバムのジャケット制作、Post Malone、Fetty Wap のへのグラフィック提供、FLYING LOTUS のアルバムタイトルロゴをも手がける GUCCIMAZE がロゴをはじめとするアートワークを担当してきた、世界的に活躍するアーティストだ。


そして第2部では、EDGE HOUSE のレジデントを務める DJ DARUMA(PKCZ®)& JOMMY を中心に、VJ MANAMI によるビジュアル演出を加えた、コロナ禍のオンラインでしか実現できないスペシャルな DJ 配信が実施予定となっている。


更に、ライブハウス/クラブなど、エンタテインメント施設の支援も企図する「RE:CONNECT」では、今回は LIQUIDROOM を配信会場として活用し、新型コロナ禍でライブが減って困窮する会場をサポートしていく。

今回の EDGE HOUSE ONLINE の開催にあたり、レジデント DJ である DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY から以下のコメントが発表されている。

DJ DARUMA(PKCZ®)
初の試みとなるインタビュー企画 ''GUCCIMAZE 大解剖'' と共に我々の DJ セットも楽しんでください。イイの出てます!! VJ MANAMI の世界観もヤベーです!

JOMMY
まず初めにこの様な状況の中でカルチャーサポートしてくれたバドワイザーチームに最大の感謝とリスペクトを!
僕ら EDGE HOUSE がホームの VISION を飛び出して、トーク & DJ & 視覚でバッチリな VIBE でお届けします!

新型コロナ禍というクラブシーンにとって大きな痛手となった逆境も逆手に取り、常に挑戦し続け独自の世界観を世界に発信していく EDGE HOUSE。バドワイザーという世界的人気ビール銘柄のサポートを経て、更なる高みへと前進する EDGE HOUSE を一瞬たりとも見逃せない!!

9月4日(金)には、安全面に配慮しつつのリアル開催イベント EDGE HOUSE -SAIKIDO- が以前と同じく SOUND MUSIUM VISION を舞台に開催されるので、こちらも要チェックだ。
 

iFLYER の新システム「リアルタイム連動配信」で iFLYER 上でも配信動画を視聴できる!

今回の「EDGE HOUSE ONLINE」の配信は、 iFLYER 上でも視聴可能となっている。
視聴方法は、配信時間に下のイベントページにアクセスするだけ。アーカイブ配信はないので、忘れずに参加しよう。

  • PICKUP

    3 Stars

    SAT, 29 Aug 2020

    EDGE HOUSE ONLINE supported by Budweiser

    @ Twitch EDGE HOUSE Channel / TOKYO, JAPAN

    House
    Hip Hop
    Electro
    DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY
    /
    GUCCIMAZE
    /
    KENTA CATS
    /
    KZMT
    /
    TOMOYA YAMASHITA
    /
    VJ MANAMI
 
この「リアルタイム連動配信」は iFLYER の新機能で、主催者はイベント掲載時に任意設定(※【ストリーム表示】項目の ON をタップで設定可能)することができる。

関連記事>>【簡単 × 無料】ライブ配信イベント主催者必見! iFLYERに「ライブ配信イベント情報」を掲載しよう!

現在は、YouTube、TWITCH、LINE LIVE、3つのプラットフォームの設定が可能となっており、iFLYER ユーザーに配信コンテンツを見てもらいたい主催者にオススメの無料サービスだ。

なお、この新サービスの設定方法や視聴促進などの相談は、プロモーション窓口まで。

プロモーション窓口:sales@iflyer.tv


EDGE HOUSE ONLINE supported by Budweiser

日時:2020年8月29日(土)19:00〜23:00
トーク配信 19:00〜20:00、DJ 配信 20:00〜23:00
※アーカイブ配信の予定なし
出演:DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY,KENTACATS & MR.TAKAHASHI,TOMOYA,VJ MANAMI, GUCCIMAZE
会場:ストリーミング配信 
配信 URL:
▼iFLYER イベントページにて無料視聴可能!
  • PICKUP

    3 Stars

    SAT, 29 Aug 2020

    EDGE HOUSE ONLINE supported by Budweiser

    @ Twitch EDGE HOUSE Channel / TOKYO, JAPAN

    House
    Hip Hop
    Electro
    DJ DARUMA(PKCZ®) & JOMMY
    /
    GUCCIMAZE
    /
    KENTA CATS
    /
    KZMT
    /
    TOMOYA YAMASHITA
    /
    VJ MANAMI
 ※内容は事前の予告なく変更になる可能性がございます。

Twitter
Facebook
Instagram

 

「RE:CONNECT」プロジェクト概要

「BE A KING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスポットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきました。

そこでこの度バドワイザーは、未曾有の危機に苦しむアーティストやライブハウス、クラブ・バーなどのエンタテインメント施設、そしてファンの三者をつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足させることにいたしました。

本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。
次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。
コロナ禍において、やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定です。

RE:CONNECT 公式ウェブサイト