12月に開催される新フェスティバル「WIRED X」。すでにSNSを通して話題となっているこのフェスだが初開催ということもあって「WIRED Xってどんなフェスなの?」と疑問を抱いている人も少なくないだろう。今回はそんなみなさんのために、このフェスを3つのポイントにまとめて解説しよう。
 

東海最大級のモンスターフェス「WIRED MUSIC FESTIVAL」による屋内フェス!

今年5月に開催された「WIRED MUSIC FESTIVAL」にはWIZ KHALIFAやHARDWELLなどジャンルを超えて魅力的なラインナップが揃い、全国から集まったダンスミュージックファンたちがフェスの醍醐味であるファッションや音楽を満喫していた。
早くも2018年のラインナップを期待する声が上がる中、番外編として12月にナガシマスパーランド内、スパードームにて開催されることとなった「WIRED X」。SteveAokiをヘッドライナーに迎え、本編にも勝るとも劣らないラインナップが実現した。青空の下で開放感を満喫できる野外フェスも良いが、寒い冬に屋内で最高にアツくなれる屋内フェスも非常に魅力的。

 

青木家・父と子の特別な場所『長島』に、Steve Aokiが2年ぶりに帰還!

今は亡きSteve Aokiの父親であるロッキー青木氏は、アメリカを夢見て単身でアメリカへ渡った日本人で、調理人たちのパフォーマンスで有名な『レストラン紅花(ベニハナ)』を始めた、根っからのチャレンジャー。冒険野郎でもある彼は、日米の冒険野郎計4名で1981年11月10日にヘリウムガス気球の「ダブルイーグル6号」に乗り込んで長島温泉を離陸、サンフランシスコの丘陵地帯に着陸し、84時間31分、飛行距離9,600キロ越えでガス気球の世界記録飛行を達成し、太平洋初横断に成功。長島温泉チケット売り場正面の花壇には、その快挙を記念した記念碑が建てられおり、そこには『この長島温泉より気球で太平洋横断の快挙を成し遂げた4人の冒険野郎達をここに記念する』と刻まれている。

2015年に「WIRED MUSIC  FESTIVAL」に出演のため来日したSteve Aokiは、その逸話を聞き「光栄な機会だよ」と終演後に記念碑の前で記念撮影を行っている。父から受け継いだスピリットで「パーティ野郎」として世界中を飛び回るSteve Aokiにとって特別な場所でもある「長島」に、彼は今回2年ぶりの帰還を果たす。

 

Steve Aokiが厚い信頼を置くMAX STYLERが初来日!


さらに注目したいのが、このフェスにラインナップされたMAX STYLERというアーティスト。2015年にDIM MAKと契約し、エモーショナルで美しいベースサウンドを強みとする現在21歳の若き新鋭だ。DJmag TOP100では2015年に69位にランクイン。Steve Aokiが主宰するレーベル、DIM MAKのイベントにも出演、Steve Aokiから厚い信頼を置かれている。今年はMAKJとのコラボトラックが話題になり、今後の活躍にも大いに期待できるアーティストである。哀愁感に満ちたセンセーショナルな楽曲を生み出すブレイク直前の彼のDJセットは必聴!
 

2組の来日アーティストに加えて、日本からもJOMMYmoeSHINTAROなどワールドワイドに活躍する実力派アーティストが多数ラインナップしているので、ぜひ冬の「WIRED MUSIC FETSIVAL」である「WIRED X」にもぜひ足を運んでみて欲しい。


チケットはiFLYERで絶賛販売中!ペーパーレスで紛失の心配も無いストレスフリーなチケットでスマートに「WIRED X」を楽しもう!
TICKET WIRED X 先行一般チケット ¥8,000
 
TICKET WIRED X VIPチケット ¥25,000
 
Written by: Kentis